アトピーや敏感肌がなりやすい手湿疹の症状と裏ワザ的治療法とは - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

アトピーや敏感肌がなりやすい手湿疹の症状と裏ワザ的治療法とは

スポンサーリンク

アトピーや敏感肌の方は肌のトラブルが非常に起きやすいのですが、その中でも代表的なものとして手湿疹(主婦湿疹)があります。

今回は手湿疹の症状と改善方法についてご紹介したいと思います。



↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


 

手湿疹とはどんな症状?

初期症状はとにかくかゆくなります。


私も経験したのですが、一度かゆみが収まることも稀にありますが、多くの場合は無意識のうちにかいているうちに、患部の皮膚の表面を爪ではがしてしまい、赤く腫れてくるのです。


さらに、症状が進行すると、皮膚の内側に透明の水疱(水の泡)のようなものが現れてきます。


この段階になると、かゆみがより強くなり、“気になってしょうがないという状態”になってしまうのですが、水疱を潰してしまうと中からベタベタとした液が出てきて、かさぶたのように固まるという非常に痛々しい見た目に。



(↓下記画像は私が酷かったころの指です【クリックで拡大】)

DSC_0655


そして、患部からバイ菌が入り、炎症の範囲が広がっていってしまいます。


手湿疹は別名主婦湿疹とも呼ばれ、以前は家事で水や洗剤をよく使う主婦に多かった皮膚疾患でした。


しかし、最近は、幼少の頃から過度に清潔な環境の中で育つので、バイ菌やウイルスに対する免疫力が低下しており、男性や子供にも多く見られるようになってきました。


また、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は元々皮膚が弱いので、手湿疹にかかりやすいです。




手湿疹になる原因とは?

一番の原因は、外からの刺激(洗剤、ホコリに含まれるダニ、シャンプーなど)で、皮膚が炎症を起こし、悪化するということです。


※ 稀にハンドクリームに含まれる保存料や着色料といった添加物が原因となる場合もあります。

ハンドクリームが手荒れを悪化させる原因に|そのワケと予防法



さらに、アトピー、栄養不足、花粉などのアレルギー、そして無視できないのがストレス


ストレスが溜まるとヒスタミンというかゆみの原因となる物質が分泌され、かきむしっているうちに皮膚組織を破壊してしまい、バイ菌が入り炎症を起こすことも多いです。

※ヒスタミンは食品にも含まれ、食中毒を引き起こす物質でもあります。




手湿疹の治療法とは?

手湿疹の一番の治療法は、かかないこと、水や刺激物に患部を触れさせないこと、この2点に尽きます。

a1180_003485_m


手湿疹は皮膚の炎症なので、かくのは絶対にNG


そして、水に触れることで、皮膚がふやけてバイ菌が入りやすくなり、さらに、すでに侵入したバイ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。


また、皮膚の一番上にある皮脂膜が乾燥を防止し、バイ菌やウイルスの侵入を防ぐ役割をしているのですが、洗剤や石鹸、シャンプーなどに含まれる界面活性剤は、皮膚の表面の油分を強力に溶かすので、なるべく使うのを控えましょう。

0574


どうしても使わなければいけない場合は、ゴム手袋をはめるか、低刺激のものを選び、患部に直接触れないように気をつけて下さい。


とはいえ、かくいう私も手湿疹の常連ですので、少し具体的に対処法を掘り下げてご紹介したいと思います。



ゴム手袋の選び方

ゴム手袋は蒸れやすいので、自分の手よりもワンサイズ大きめのものを選ぶといいでしょう。


さらに、中に着脱しやすいようにパウダーが入っているものは、刺激となるので控えるのがベスト。(パウダーフリーと書かれているものを選ぶと良いでしょう)

 

a22e154


それでも、かゆみがおさまらない方は、業務用の使い捨てのビニール製の薄い手袋が販売されているので、ゴム手袋の下にはき、“ビニール製手袋は一度使ったら捨てて”取り替えるといいです。


(ビニールは通気性が悪く、汗で手に密着するので雑菌が繁殖しやすいので、必ず使い捨てしてくださいね)



入浴中に気をつけること

手湿疹がある場合は長風呂をせず、早めに上がって下さい。(汗をかくと入浴後かゆみがひどくなります)

そして、やりがちなのが、シャワーの熱湯を患部にかけること。

37b23a

雑菌が消毒される感じがしますが、炎症を起こした部分の皮膚組織が軽いやけど状態となり、症状が確実に悪化するので、絶対にNGです


もうひとつ、おすすめしたいのが、入浴前に患部に大きめの絆創膏を貼っておき(耐水性があるとなお良いです)、水やシャンプーが直接当たらないようにすること。


もちろん、湯船にも手湿疹のある方の手はつけないでくださいね。


ここでのポイントは、入浴後にすぐに絆創膏を外して、軽く患部を水洗いし、よく乾燥させるということです。


多少もったいない使い方ですが、実はこの方法が一番回復を早めるのでぜひ試してみてください。




ハンドクリームorステロイド

ハンドクリームを塗っていいのは、初期段階の水疱ができていない状態の時だけです。


水疱ができてからは、すでに中にバイ菌が侵入して炎症を起こしているので、ハンドクリームを塗ることで、よりかゆくなり逆効果になります。


もし、水疱ができてしまったら、乾燥させて上記で紹介した方法を徹底してなくなるのを待つか、皮膚科に行ってステロイド剤を処方してもらって下さい。



↓私が実際に使っていたステロイド剤です

SN380792



ステロイドの治療は短期決戦(早期発見で短期間の使用)が基本ですので、皮膚科でステロイド剤を早めにもらった方がいいですね。

※ステロイド剤の長期使用は皮膚を薄くするので、使う期間はなるべく短い方がいいからです。



しかし、注意するべきなのは小さなお子さんがいる場合。


お母さん、またはお父さんの手に塗ったステロイド剤が子供(特に赤ちゃん)に付着し、かぶれやただれを起こすということがあるからです。

a0001_013545_m



この場合、ステロイド剤を塗って、その上に綿手といわれる綿でできた薄い手袋をはめるか、症状が軽いようであれば、漢方薬など他の治療をお医者さんに相談してください。

まとめ

・ ストレスやハンドクリームが手湿疹の原因になる場合もある

・ ゴム手袋、バンソウコウで水や界面活性剤から患部を守る

・ ステロイド剤は小さい子供がいる場合、必ず医師に相談する



↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲