チョコミントアイスクリームの清涼感の謎|使われている練乳香料とは? - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

チョコミントアイスクリームの清涼感の謎|使われている練乳香料とは?

スポンサーリンク

夏になるとあまり体に良くないと分かっていてもついつい食べてしまうアイスクリームや、ソフトクリームですが、コンビニやスーパーで売られているものには添加物がたっぷり入っています。

香料もその1つです。いい香りのする裏側には天然・人工の香料が使われています。その中でも不思議なのはチョコミントのアイスクリームです。原材料表示をみても、ミント香料と書かれているものは少なく『香料』とだけ記載されているため、どのような香料が使われているのかわかりません。

そこで、チョコミントアイスクリームや、アイスクリームに使われている香料について調べました。





アイスクリームには色々な香料が使われている

アイスクリームには、練乳香料、チョコレート香料、ミント香料などの香料が使われており、一括りに『香料』と表記されています。

香料には人工のもの、天然のものがありますが、アイスクリームでは一括りに『香料』と表示されることが多いです。


chocomint2 


※ちなみに「/」以下に表示されているのは全て添加物です。このアイスだと乳化剤以降が添加物となります。

実は、食品表示法では、香料を複数使っていても一括で『香料』と表記することが認められています。色々な香料(天然・合成)の香料がありますが、メーカーが企業努力で表示しない限り私達には、どんな香料が使われているのか分からないのが実情です。

添加物に関連する記事→トクホのコーラに入っている難消化性デキストリンとは何か?

アイスクリームに使用されている香料を問い合わせた結果

この記事を書くキッカケとなったのが、こちらのチョコミントアイスバーです。(前項の原材料表示は以下のアイスのもの)

chocomint

製造元のLOTTE(ロッテ)に問い合わせたところ、この「CRANKY(クランキー)チョコチップミント」に、入っている香料は、以下の3つとのことでした。

  1. 練乳香料
  2. チョコレート香料
  3. ミント香料

上から入っているのが多い順です。

chocomint2


『香料(卵由来)』と書かれているのは練乳香料が牛乳と卵から作られており、卵が食品表示法が定めるアレルギー物質となっているため、表示しているそうです。

ちなみに、香料の入っている割合は全て合わせても全体の『0.1%』とのことでした。確かにわずかな量ですが、最低限、人工香料と天然の香料(合成香料と呼ばれます)は分けて表示して欲しいところですね。


練乳香料とは?

練乳香料とは、乳化香料、乳製品系香料と呼ばれる、乳製品(練乳や生クリームなど)の香りを再現するための香料です。

先程の、「CRANKY(クランキー)チョコチップミント」は、ロッテからの回答によると、乳と卵から作られているとのことでしたが、練乳香料といっても色々あります。

市販のアイスクリームは色々な添加物が使われているので、そのままでは香りが本来の無添加のアイスクリーム弱いのか、それとも、香りが強い方が売れるからかは、わかりませんが多くのアイスクリームに使われているようです。

【参考】
富士香料加工株式会社
T&M

まとめ

市販のアイスクリームには、香料が必ずと言っていいほど使われています。また、香料は原材料を表記する際に『香料』と一括りで表記することが認められているため、どのような香料が使われているか私達にはわかりません。

どこまで原材料を表記するかは非常に難しい問題ですが、食品の安全性の観点から、メーカーのHPなどでもっと気軽に確認できるといいと思いました。

最後までお読み頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲