ペットボトルのお茶に含まれるビタミンCは危険?その意外な根拠とは - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

ペットボトルのお茶に含まれるビタミンCは危険?その意外な根拠とは

スポンサーリンク

ペットボトルのお茶(お茶に限らずほとんどの飲料)には、酸化防止剤としてビタミンCが入っています。一時期、それが危険だと話題になったこともありましたが、その根拠を探ると意外なことが分かりました。

今回は、私のようなアトピー肌の方もそうでない方も知っておいた方がいい、ちょっと不思議な事実をお伝えしようと思います。

↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

ペットボトルに入っているビタミンCは実は合成品

ビタミンCには天然ビタミンCと合成ビタミンCという2種類があります。この2つの違いは以下の通りです。

  • 天然ビタミンC…果物などの食物に含まれるビタミンC
  • 合成ビタミンC…デンプンに含まれるブドウ糖から合成されたもの


天然ビタミンCは非常にシンプルです。レモンをギュッと絞ってその汁から抽出したビタミンCなので、安全性に問題はありません。

※ただし、市販の野菜ジュースでビタミンCを取る場合には、成分表示をしっかり見てくださいね。詳しくはこちらの記事で紹介した通りです。

そして、合成ビタミンCというのはデンプンに含まれるブドウ糖を合成して作られたビタミンCということになります。(※原料はトウモロコシや馬鈴薯)

ペットボトル飲料のお茶などに含まれるビタミンCは合成ビタミンCが多いため=危険?ということになっているようです。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

↓このようにお茶類にもビタミンCは大体入っています。

clip_image002

合成ビタミンCは危険なのか?

結論から書きますと、(今のところ)天然ビタミンCと合成ビタミンCに大きな差はないとのことです。



医学・栄養学関連の多くの報告書にて、天然ビタミンと合成ビタミンにはほとんど差がない、と主張されている。一部の必須栄養素については、これが当てはまることがわかっている。広く市販されているビタミンCの錠剤に含まれているアスコルビン酸は、果物や野菜に含まれているアスコルビン酸と全く同じである[3]。

(引用元・国際オーソモレキュラー医学会ニュース・https://isom-japan.org/

 


合成ビタミンCと天然ビタミンCはほぼ同じものであるということなので、ペットボトルのお茶などに含まれる合成ビタミンCを一緒に飲んでも危険ではないということのようですね。

では、何が懸念されるのかというと、その入っている量となります。ビタミンCは肌や内蔵を作る原料であり、ストレスの緩和など様々なことに使われるため不足しがちな栄養素です。

果物や食品からビタミンCを摂取する際には、一度にそれほど沢山の量を食べられませんし、ビタミンCは水溶性(水に溶ける性質)なので、尿と一緒に使われなかったものは排泄されます。

しかし、ペットボトルに酸化防止剤として入れる場合には、粉末の状態で入れるため多くても飲めてしまうため、ビタミンCを一度にとりすぎてしまうのではないか?という懸念があるのです。


ちょっと古い資料ですが、国民生活センターが2000年に行った500mlのペットボトル飲料の成分検査によると、特定の清涼飲料水に入っているビタミンCの値が高く、500mlで厚生労働省が定める一日の基準値を超えていたというデータもあります。
(緑茶、紅茶、烏龍茶いずれも高い/データが古いため今は違う可能性もあり)

【参考】500mlペットボトル入り清涼飲料の商品テスト結果[PDF ... - 国民生活センター

ビタミンCのとり過ぎによる体への悪影響には、色々な意見があり一概には言えないものの、お茶にもビタミンCがもともと含まれているため、ペットボトルのお茶をガバガバ飲むよりは、急須で煮出したものや、水出ししたものを飲んだほうが体には良さそうですね。

また、果物を毎日食べるのが難しいという方には、濃縮還元ではないストレートのフルーツジュースをおすすめします。

濃縮還元についてはこちら→濃縮還元の野菜ジュースはビタミンCが少なく肌荒れ予防に効果なし?

↓ストレートだと熱で水分を飛ばしていないので、ビタミンCが豊富です。

clip_image004


↓原材料もフルーツのみ

clip_image006


最近、普通のスーパーでもストレートのフルーツジュースがそれほど高くなく購入できるので、試してみてはいかがでしょうか。(味も美味しいので、疲れた時自分へのご褒美として購入してもいいと思いますよ)


私も長い間使っていますが、香りもよくアトピー肌や敏感肌におすすめのボディソープです。→しみずの無添加ボディソープで全身のかゆみがおさまった(補足あり)

まとめ

ペットボトルに含まれるビタミンCは、ブドウ糖から作られた合成ビタミンCであるが、合成か天然かが問題なのではなく、入っている量が多い場合があります。(日持ちがするため)

ですから、毎日、お茶、紅茶などを飲む方はペットボトル飲料ばかり飲まずに、茶葉を煮出したものや水出しのお茶を飲むようにして、ビタミンCのとり過ぎを防ぎましょう。


最後までお読み頂きありがとうございました。

【その他参考文献】

合成ビタミンCと天然ビタミンC、ビタミンC大量摂取の問題点 | まどろみ助産院のリンパケアサロン(DLM) 熊谷 美津江 MITSUE KUMAGAI
https://www.kumagai-mitsue.jp/cont11/59.html

ビタミンC|大塚製薬https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/vitamins-and-minerals/vitamin-c/

尿検査前のビタミンCにご用心|東邦大学医療センター佐倉病院https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/kensa/research/files/20150710_87SAKURATimes.pdf

↓記事が気に入ったらツイッターなどで拡散してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲