にんじんやきゅうりがビタミンCを破壊|効率よくビタミンを摂る方法 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

にんじんやきゅうりがビタミンCを破壊|効率よくビタミンを摂る方法

スポンサーリンク

健康な肌を保つために必要なのはビタミンCとたんぱく質です。しかし、良かれと思って摂っていた野菜がビタミンCを破壊すると聞いたらショックですよね。

実は、にんじんやきゅうりに入っている成分には、ビタミンCを破壊する作用があるんです。

でも、“ある方法”を使えば回避することができるので、今回はその方法を紹介していきます。

↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

ビタミンC破壊の原因はアスコルビナーゼ

にんじんやきゅうりには、アスコルビナーゼという酵素が入っており、切ったりおろしたりすることで活性化し、ビタミンCを酸化させる働きがあります。

「ニンジン」の細胞にはビタミンCを酸化して還元作用(活性酸素を除去する能力)を失わせるアスコルビナーゼという酵素が含まれているということです。アスコルビナーゼは空気にふれると働きだしますから、生ニンジンのすり下ろしやそのジュースは自身のビタミンCを破壊するだけでなく、その他のいっしょに用いた野菜や果物に含まれるビタミンCをも破壊してしまいます

引用元・野菜と果物のお話~ニンジン - 北海道医療大学



ただ、ポイントなのは、このアスコルビナーゼという酵素がビタミンC全く無くしてしまうわけではなく、“酸化させる”ということです。ですから、全くビタミンCがなくなるわけではありません。

clip_image002


しかし、他のビタミンCを多く含んだ野菜と切ったりおろした状態で合わせると、他の野菜のビタミンCも酸化してしまいます。

また、酸化することで活性酸素という、人間の老化の元となる酵素を分解する力がなくなってしまうということです。(※ビタミンCの酸化後の作用については諸説あり)

活性酸素は空気中にある酵素(普通に呼吸していれば入ってきます)を吸い、体内でエネルギーならなかったものが変化し、体を酸化(わかりやすくいうと老化)させてしまいます。

ここまでの話をまとめると以下のようになります。


  • にんじんやきゅうりに含まれるアスコルビナーゼは、ビタミンCを酸化させる
  • 酸化したビタミンCの作用には諸説あるが、できれば酸化していない(活性酸素を分解する力の強い)ものを食べたい



ビタミンCはいくらあっても足りませんね→濃縮還元の野菜ジュースはビタミンCが少なく肌荒れ予防に効果なし?

ちなみに以下の論文では、きゅうりを絞った液をビタミンCにつけて変化を見ていますが、ビタミンCの総量は変わらないが、酸化したという結果が出ています。

【外部リンク】 アスコルビナーゼの活性について

 

アスコルビナーゼを無効化しちゃう裏ワザ

アスコルビナーゼは加熱するか、酢につけることでビタミンCの酸化を防ぐことができます。

このビタミンC分解酵素、アスコルビナーゼは2分間加熱するか酸(たとえば酢)を加えると失活します。

引用元・野菜と果物のお話~ニンジン - 北海道医療大学

 

そこで、ポイントとしては以下のことがあげられます。


  • アスコルビナーゼは切ったりおろした際、“空気に触れること”で活性化する
  • アスコルビナーゼは熱を通すか、酢を加えることで活動が停止する



そうなんです!空気に触れる時間が短ければアスコルビナーゼがビタミンCを酸化させる量も少ないので、サッと作ってサッと食べれるものであれば、それほど問題ないということです。

しかし、食事の前に作っておき、時間が経ってから食べるのであれば2分ほど熱を加えるか、酢の物にしてしまえばいいということですね。

clip_image004


何を隠そう私は、毎日、生のままきゅうりとにんじんを食べても飽きないほど、この2つの野菜が好きです。(行儀悪いですが、にんじんもサッと水で洗ってそのままボリボリかじります)

ということで、「結局、生のままかじれば一番いいんじゃないか?」という私の野性的すぎる結論は置いておいて、まとめに入りましょう。

まとめ

にんじんやきゅうりにはアスコルビナーゼという酵素が入っており、切ったりおろした後、空気に触れることでビタミンCを酸化させる作用があります。

しかし、2分ほど加熱したり、酢を加えることでビタミンCを酸化させる働きは停止するので、調整してから時間が経ってから食べる場合には、温野菜か酢の物にするといいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【その他の参考サイト】『ビタミンC』の効率的な摂り方とは | いわい中央クリニック

↓記事が気に入ったらツイッターなどで拡散してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲