耳の中がかゆいのは耳かきのせい?正しいやり方と保存方法とは - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

耳の中がかゆいのは耳かきのせい?正しいやり方と保存方法とは

スポンサーリンク

耳の中がかゆいと気になって、ついつい耳かきをやりすぎてしまうことってありますよね。

私も、イヤホンを長時間していると中がムレてかゆくなることがあります。しかし、毎日耳かきをするのはNG!あと、耳かきをペン差しにさして保管するのも雑菌が繁殖する原因になるんです。

そこで、今回は私も実践している耳かきの保存方法、正しい耳かきのやり方を紹介したいと思います。

↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


耳の中がかゆいのは耳かきの雑菌とやり方が原因かも?

耳かきをする際に、耳の中にある皮脂なども一緒にかき出すので、ちゃんと清潔にしておかないと耳かきに細菌が繁殖して耳の中がかゆくなってしまいます。

また、耳かきを耳の奥まで入れると、耳の中に傷がつきやすくなってしまうので、耳の入口にある耳垢をかき出す程度にしましょう。

clip_image002[4]



耳の中は自分で見ることができないので、特に注意しなければいけない場所です。耳かきをしたあとに耳の中がかゆくなるという方は、すでに病気の症状が出ている可能性があるので注意してくださいね。

 


耳がかゆくなって耳掃除をやめられないような場合は、外耳道に湿疹ができている可能性がありますので必ず耳鼻科のお医者さんの指示に従ってください。

引用元・たけざわ耳鼻咽喉科



外耳道(がいじどう)とは耳の穴から鼓膜までの間、要するに耳の中のこと。耳の中に湿疹ができても、自分ではわからないので病院にいってみてもらう必要があります。

clip_image004[4]


私も、以前耳かきをやりすぎて耳が痛くなったことがありますが、その時には出血していたので耳かきをやめてひたすら我慢しましたが、もしかすると、大変なことになっていたかもしれませんね。

ですから、耳かきをする際には以下のことに気をつけてください。


  • 耳かきを毎日しない
  • 耳の中の奥まで耳かきを入ない
  • 耳に異変を感じたら耳鼻科で診てもらう
  • お風呂上がりの耳かきはしない



耳かきをおこなう頻度については1週間一度という意見もあれば、1ヶ月に一度、まったくやる必要なしと色々な意見がありますが、毎日やるのは多すぎのようです。

また、耳の奥まで入れるのも耳の中で炎症がおきてかゆくなる原因となってしまいます。


最も、耳垢が生成されるのは
耳の入り口から外側3分の1の部分だけであり、
それより奥には耳垢は尽きません。

引用元・大阪府堺市 原田耳鼻咽喉科



あと、耳垢には耳の中を保護する役割もあるので、全部取る必要は無いそうです。


耳垢が完全になくなるのは良いのでは?

と思うでしょうが、適度な耳垢には耳の穴の皮膚を保護する作用があります。
ですので、お風呂上がりに濡れた耳を綿棒で掃除をするのは、あまりオススメしません。

引用元・苫小牧市立病院




耳の中に耳垢がたまって耳がかゆくなるのかと思っていましたが、耳垢をとりすぎるのもよくないというのは驚きですね。

そして、お風呂上がりの耳かきは耳を傷つけやすくなるだけでなく、柔らかい綿棒を使っても耳垢を奥に押し込んでしまい固まりになってしまうそうなので、避けた方がいいでしょう。


clip_image006[4]


私も、お風呂上がりには綿棒を使って耳の中を掃除していましたが(これがかなり気持ちいいんですが…)、やめた方がいいみたいです。

こちらの記事もおすすめ!

風呂上がりの汗がかゆい|素早く体を冷やし肌荒れも防ぐ簡単な方法

かゆみはストレスから|10秒呼吸法でどこでも超簡単にリラックス


耳かきを清潔な状態に保つ

耳かきは常に清潔にしておき、耳の中に細菌が入ってかゆみがおきないようにしましょう。

ポイントとしては以下のことに気をつけてください。


  • ペン立てに耳かきを立てて保存しない
  • 耳かきは使用後、必ず乾燥させてから保存
  • 竹の耳かきは消毒できないので、定期的に交換する



まず、ペン立てで耳かきを保存するのはNGですね。ペン立ての底にはホコリや細かいゴミがいっぱいたまっているので、清潔とはいえません。

私がオススメする、耳かきの保存方法はサランラップでサッと巻いて、あまり暖かくならない場所に置いておくということです。

clip_image008[4]

ビニール袋だと大きすぎるので、ラップでサッと巻いて(あまりきつく巻くと取れなくなるので気をつけてください)引き出しなどに入れておくことですね。

でも、竹の耳かきは熱湯消毒ができないので、少し汚れたと思ったらすぐに変えるようにしています。ちなみに、私は梵天(ぼんてん/上のフワフワしたとこ)を使わない派です。


あと、鉄の耳かきも持っているのですが、ちょっと硬いので耳を傷つけやすいかなと思います。

clip_image010[4]


ただ、最近は細くてよくしなる鉄製の耳かきもあるそうです。

【楽天市場】



チタン製なら熱湯消毒ができるので、ある程度持ちそうですね。


耳かき自体をすすめないお医者さんもいる

耳かきをするべきというお医者さんと、自分ではしないべきというお医者さんがいるということを知っておきましょう。

理由としては、市販の耳かきや綿棒では上手く耳垢をとれずに傷つけてしまい、細菌が入って外耳炎(がいじえん)などの病気になってしまうからということです。

ですから、耳かきをする際には耳鼻科で専門医にやってもらった方が安全という意見もありますが、個人的には毎回お医者さんにいくのはお金もかかるし大変だと思いますね。

できれば自宅で最低限のケアを行い、取り切れない部分やなにか症状が現れたら病院にいこうと私は思っていますが、気になる方はお近くの耳鼻科でお医者さんに一度診察を受けてみることをオススメします。


こちらの記事もおすすめ!

界面活性剤が歯磨き粉に入っているってホント?その危険性とは

しみずの無添加ボディソープで全身のかゆみがおさまった(補足あり)

まとめ

耳かきは多くても週に一回程度で、耳の穴の入り口を掃除するくらいにして奥までいれないようにしてください。そして、耳の中は見えないのでかゆいと感じたら、早めに耳鼻科にいくようにしましょう。

また、耳かきはペン立てで保存するのではなく、使用後はしっかり乾燥させてから、ラップにくるむなどホコリやごみが付かないように十分注意して保存してください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓記事が気に入ったらツイッターなどで拡散してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲