敏感肌の汗のニオイ対策に制汗剤は危険|かゆみを防ぐ対処法とは? - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

敏感肌の汗のニオイ対策に制汗剤は危険|かゆみを防ぐ対処法とは?

スポンサーリンク

汗を大量にかく夏の時期には制汗剤を使う方は多いと思いますが、敏感肌やアトピー肌には刺激が強すぎてかぶれてしまいかゆみの原因となることがあります。

しかし、全く汗の対策をしないとニオイが気になってしまいますね。汗は乾いてからもニオイの元は残るので、冷房の効いた室内やお店などの密室に入った時に、汗の臭いは目立つものです。

そこで、敏感肌でもかぶれず、かゆみが出にくい汗のニオイ対策を紹介していきます。

↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ



制汗剤は敏感肌のかゆみの原因となる

制汗剤には汗を抑えるための収れん剤と、汗を栄養にして繁殖しニオイの元となる細菌を殺菌する抗菌剤が含まれており、敏感肌やアトピー肌だとかぶれてかゆみが生じる場合があります。

収れん剤にも色々ありますが、よく利用されるものは以下のものです。

・ クロルヒドロキシルアルミニウム

・ パラフェノールスルホン酸亜鉛


私が過去に利用していた制汗剤には「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が含まれていました。

撮影の都合上スルホン酸亜…で切れてしまいましたが…。
↓(クリックで拡大)

clip_image002

抗菌剤だと以下のものがよく利用されます。

・ 塩化ベンザルコニウム

・ イソプロピルフェノール

・ パラベン

・ トリクロサン


私の過去に使っていたものには「イソプロピルメチルフェノール」が入っていました。

↓(クリックで拡大)

clip_image004



あと、清涼感を出すためにメントールエタノール、そして香料が含まれていることが多いですね。

↓(クリックで拡大)

clip_image006



収れん剤というのは、汗を汗腺で固めて外に出さないよう強制的にフタをしてしまうもので、敏感肌やアトピー肌だとかぶれてしまうこともあります。
ですから、あまり頻繁に使うのは避けたいところです。


私は、ただでさえ肌が弱いので暑い季節は日光にあたるだけでかゆくなり、ついついかいてしまうと、一時的にですが軽い水ぶくれのようになるので、特に気をつけています。


見た目は酷いですが、水で洗って放置しておけば数時間で腫れと赤みは引きますよ。

↓(クリックで拡大)

clip_image008



収れん剤は汗が出るのを止めてしまうため、頻繁にスプレーすると汗がアレルギーの原因となってしまいかぶれてかゆくなり、さらにかくことで皮膚が大きなダメージを受けてしまうんです。


あまり、刺激の強いもの(メントールやエタノールが多く含まれているもの)は、特に敏感肌の方は避けた方がいいと思います。

私も制汗剤をたっぷりスプレーしていた学生の時は、全身がかゆくて仕方がなく、毎年かぶれて肌が真っ赤になっていました。

人によって個人差はあると思いますが、敏感肌やアトピーの方は気をつけるに越したことはないです。


肌にかゆみが起きにくい汗のニオイ対策とは?

汗を無理に止めずノンアルコールのウェットティッシュや抗菌処理されたシャツ、香水を利用すると肌にも優しく汗のニオイを防ぐことができます。

汗のニオイは食事や普段の生活習慣によっても変わるのですが、体質改善は時間がかかるので、まずは速効性のあるニオイ対策を紹介していきますね。

まず、暑い季節には“ノンアルコールのウェットティッシュ”を持ち歩き、汗をかいたら拭くようにすると、皮膚の常駐菌と反応しづらくなるのでニオイ対策として効果的です。

また、汗で肌がベタベタしないので、かゆくなりにくいというメリットもあるのでおすすめ。


「あせもの掻き壊しを予防して背中のかゆみを改善する方法」でも触れましたが、敏感肌やアトピーの方は、デオドラント用のボディーペーパーだと香料や、メントールなど刺激が強いものが含まれているのでかぶれてしまうことがあります。


そこでポケットタイプで持ち歩きできる“ノンアルコール”のものを使いましょう。(アルコール入りは敏感肌だとかぶれてしまいますし、おでこなど顔には使えません)


↓私もいつもお世話になっています。(クリックで拡大)

clip_image010


100円均一などでまとめて買っておき、バックなどに入れておくと、外でお弁当を食べる時に手軽に手をふけますし、汚れたテーブルの掃除や、手汗がひどい時などなにかと便利ですよ。


また、最近はあらかじめ抗菌加工がされたインナーやTシャツが販売されているので、汗を吸い取っても細菌が反応しづらいのでニオイ予防になります。(特にインナーや下着はファッションを選ばないのでおすすめです)


そして、制汗剤を使わない代わりに、香水を軽くふっておくというのも効果的です。


ニオイ対策としての香水選びのポイントは3つ!

・ 香りがきつすぎない(個性的すぎない)

・ 甘すぎる香りのものは避ける(ビジネスやフォーマルな場所では浮きます)

・ 迷ったらユニセックスのものが無難(テスターで香りは必ず確認)


普段からお気に入りの香水がある方は、もちろんそれを使っても構いませんが、それとは別に柑橘系の香りであまり好みが別れないものを購入しておくと便利です。


香りについては好みが分かれるので選ぶ際迷われると思いますが、ユニセックスの男女どちらでも使えるものだと、それほど香水臭いという印象を与えにくいので、迷ってしまったら店員さんに聞いてみましょう。


↓ちなみに私が使っているのは、Calvin Klein(カルバン・クライン)のエスケープ フォーメンです。

clip_image012



そして、くれぐれもつけすぎないようにしましょう。(個人的な目安としては、1~2プッシュくらいですね)


手首につけて、耳の裏(臭いやすいところ)にすりつけるのが一般ですが、私はまず体の中心であるお腹に一度プッシュしてから、耳の裏にすりつけています。


暑い時期は薄着なのでシャツの袖や下から風が抜けていくので香りが通りやすく、香水の匂いが長持ちしますし、それほど周囲に強い香りが伝わらないのでおすすめですよ。(手首は手を洗った際に落ちてしまいますので…)


そして、1番大切なことですが、汗をかいたらこまめに着替えることを徹底してください。また、着替えた後はそのままだと細菌が繁殖して臭いがついたり、汗染みで黄ばみができる原因となるので、なるべくその日のうちに洗濯しましょう。




食生活の改善と運動で汗のニオイは少なくなる

汗を普段からかいていると、汗腺(かんせん=皮膚にある汗が出る管)が活発になり細菌の侵入を防ぐのでニオイが減り、食生活によっても改善することができます。


まず、汗自体にニオイはなく、汗臭くなるのは皮膚にいる常駐菌が汗からでる塩分などを分解して腐らせるので臭くなってしまうんです。

運動不足だと、普段、汗腺から汗が出ることが少ないので、中に細菌が入り込み詰まっている状態なので、特に臭くなってしまいます。

そして、脂っこいものや塩分が濃いものを食べていると、汗の成分が濃くなり常駐菌のエサが増えてしまうので注意しましょう。


汗のニオイを臭くする食生活

・ 肉中心で野菜を食べない

・ 甘いもの(糖分を)のとり過ぎ

・ 揚げ物、アルコールの飲み過ぎ

・ 水分の不足



これは、そのまま肌のコンディションを悪くする食生活ですね。


特に、アルコールは消化に悪く、ビタミンを大量に消費するので、栄養分を吸収する邪魔もしてしまいます。(栄養素の吸収にはビタミンが欠かせません)


敏感肌やアトピーにはダブルパンチですし、汗を頻繁にかくと体内のアルコール濃度が高くなるので、水も積極的に取らないと消化する際に肝臓にかかる負担が大きくなります。


また、居酒屋などでは「マーガリンの原料トランス脂肪酸とは?|アトピーを悪化させる理由」でも触れましたが、トランス脂肪酸という水素添加した油をコスト削減のために使っていることが多いんです。

clip_image014


トランス脂肪酸をとっていると、アトピーの悪化や肌荒れ、また肌の老化にもつながります。

もう1つ大切なのは、体の内側から健康でいることです。そのためには、ビタミンと食物繊維をタップリとる必要があるので野菜を食べましょう。

野菜に含まれるビタミンが、肝臓の食物の分解を促進し、食物繊維が腸の動きを活発にして不要になった老廃物を外に出すので、体内の状態がよくなり汗に含まれる塩分なども少なくなるんです。

もちろん、1日だけ野菜を多くとってすぐ体質が改善するという訳ではないので、毎日の食生活に気をつけて、汗のニオイを少なくしていきましょう。


まとめ

・ 制汗剤には汗を汗腺から出さなくする収れん剤や抗菌剤の他に、メントールや香料も含まれているため、敏感肌やアトピー肌だと刺激でかゆみを引き起こすことがあります。

・ 肌に刺激を与えないで汗のニオイを抑えるためには、ウェットティッシュなどで汗を拭き取ることや、抗菌仕様の衣服を着ることなどが有効です。

・ 適度に運動して汗腺を活発にし、食生活もビタミン豊富な野菜を多くとり、暴飲暴食を避けることで汗のニオイを少なくすることができます。


最後までお読み頂きありがとうございました。


↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ



関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲