爪の甘皮処理で手荒れに|ネイルケアのリスクと負担を減らす方法 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

爪の甘皮処理で手荒れに|ネイルケアのリスクと負担を減らす方法

スポンサーリンク

今日は、爪の上についている甘皮処理が手荒れの原因になるということに触れていこうと思います。

今は、男性でもネイルケアをする方が多いですが、実は、爪の甘皮はとらない方がいいのです。

甘皮には大切な役割があるので、アトピーや敏感肌の方は肌荒れやアトピー性皮膚炎にならないように、ネイルケアをする際にリスクを減らす方法と、甘皮の役割について説明していきます。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ



甘皮がないと細菌が侵入して炎症を起こす原因に

甘皮は爪と皮膚をくっつけて、細菌やアレルゲンが侵入するのを防ぐ大切な役割があります。

爪は目で見えている部分はほんの一部で、実は皮膚の奥までつながっているんです。

皮膚の奥(隠れている部分)には爪母(そうぼ)という爪の生産工場があり、そこで新しい爪が作られて上に伸びてくるんですね。


この爪の生産工場に細菌や、ホコリや洗剤などのアレルゲンが入ると健康な爪が生えてこないため、入り口をガードしておくというのが甘皮の大切な役割。

私は、小学校時代にアトピー性皮膚炎で手荒れがひどく、皮膚の組織の損傷が凄まじかったせいか、甘皮をほとんど亡くしてしまっています。



↓爪の上にもうしわけ程度しかないですね…(クリックで拡大)

clip_image002



20歳を超える頃、爪の周辺に赤いプツプツができてかゆくてかきむしっていた経験があるので、甘皮の大切さは身に染みて分かっているんです。


↓この状態になるとかゆくてたまりません。(クリックで拡大)

clip_image004


甘皮がないだけが原因ではないと思いますが、今でも爪周辺は炎症がおきやすいので、皆様も甘皮処理は慎重に行ってくださいね。


甘皮処理で手荒れになるのを防ぐ方法

甘皮処理をする際は、できればネイルケアの専門店でやってもらい、細菌が入らないように清潔な環境で行うことで、炎症を起こすリスクが少なくなります。


甘皮処理のダメージを減らすのに大切なのは以下のことです。

・ 皮膚は十分にふやかす

・ プッシャーで押し上げすぎない

・ 甘皮は全て取ってしまわない

・ ケア後はしっかり保湿する



甘皮が大切といっても、女性にとってネイルケアはオシャレの基本なので、全くしないというのは難しいかもしれません。ただ、甘皮を処理する際に、できるだけ皮膚への負担を減らすことはできます。


まず、甘皮処理をする前に皮膚は十分にふやかすことが大切。皮膚が硬いままプッシャーで押し上げると、力が入って必要以上にめくってしまい、出血などを起こしやすいです。


また、プッシャーにも色々な種類がありますが、握りやすく、先端が爪と同じようにカールしている形のものを選ぶといいですね。


自分がやりやすいものでいいのですが、先端が大きいと(ペンタイプなど)一気に上まで押し上げてしまいがちです。


甘皮は全部取ってはいけませんので、ちょっとずつ行うために、細かい作業ができる先端が細く、握るところもすべらないようにグリップやザラザラしているものがいいですね。


そして、忘れてはいけないのは甘皮処理後の保湿です。

ネイルオイル、キューティクルオイルなどで、甘皮をマッサージするようにしっかり保湿しましょう。

皮膚は乾燥すると浮き上がってくるので、甘皮処理後は念入りに保湿をすることが大切です。(力を入れすぎないで優しく行ってください)

また、甘皮処理後だけではなく、指先が乾燥してきたと思ったらその都度保湿をすることも大切です。


そして、最初は自分では加減が分からず、甘皮を必要以上に取ってしまい炎症を起こしやすいので、慣れるまでの間だけでもプロのネイリストにやってもらった方がいいと個人的には思いますね。


爪は健康のバロメーター

爪の生産工場である爪母(そうぼ)は栄養状態が悪いと、健康な爪を作ることができないので、体の健康状態も爪に現れます。

爪は皮膚が硬くなったもので、原料はケラチンというタンパク質とビタミンです。そのため、キレイな爪を維持するためには、毎日の食生活や生活習慣も大切。

野菜はできるだけビタミンが多い生野菜を摂り(加熱するとビタミンが溶け出るためスープなどは汁まで飲みましょう)、睡眠時間をきちんと取ることも大事です。

これは、肌全般に言えることなので、肌荒れや手荒れの予防にもなります。

特に甘皮処理をしていると、指先の抵抗力が弱くなっているため、細菌が入って炎症を起こさないように、毎日の食生活や、生活習慣、そして指先の保湿に気をつけましょう。


まとめ

・ 甘皮には爪の内部にある生産工場(爪母=そうぼ)に、細菌などが入るのをガードするという役割があります。

・ ネイルケアで甘皮処理をする際には、全て取ってしまわず、必要最低限でとどめ、ケア後には保湿を念入りに行ってください。

・ 甘皮処理をすると、指先の抵抗力が弱くなるため、普段からビタミンやタンパク質を十分に摂り、健康状態に気をつけましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ



関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲