人工甘味料の飲み物でアトピー悪化を防ぐ|おすすめの市販飲料は? - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

人工甘味料の飲み物でアトピー悪化を防ぐ|おすすめの市販飲料は?

スポンサーリンク

暑い季節は水分補給のために冷たい飲み物を沢山飲みたくなりますね。

しかし、太らないためにカロリーオフの市販飲料を選んで飲むのは、アトピーや肌荒れをしている方はやめた方がいいです。

カロリーオフのスポーツドリンクなどには人工甘味料が使われており、人工甘味料はアレルギーの原因や、お腹を下す原因にもなるのでなるべく避けた方がいいんですね。

そこで、スーパーやコンビニで手に入る、人工甘味料不使用の市販飲料を紹介します。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

人工甘味料はアトピー悪化や下痢の原因にも

人工甘味料は自然界にないものなので、体に吸収されにくく蕁麻疹(じんましん)などの皮膚アレルギーの症状を引き起こす原因となることがあります。

人工甘味料というとキシリトールソルビトールといったものが有名ですね。

シュガーレスのガムに入っているというイメージが強いと思いますが、ガムよりも気をつけなければいけないのが、スポーツドリンクなどの市販飲料です。

裏の原材料表示を見るとよく見かけるのが、アセスルファムKスクラロースという人工甘味料。


↓あるスポーツドリンクの裏面です。(クリックで拡大)
clip_image002



ガムは噛むため少しずつ体内に入りますが、飲み物は喉が渇いているとがぶ飲みしてしまいますね。カロリーオフのために人工甘味料が使われるのは、人工甘味料が体内に吸収されないからです。


人工甘味料を一度に大量に摂るとお腹が緩くなるといいますが、それは人工甘味料が分解されないまま腸に入り、腸が活発になりすぎることが原因となります。


腸は中に入った物質を頑張って吸収しようとするのですが、人工甘味料は非常に吸収されにくいので、腸は体外に出るまで必死で頑張る必要があり、くたびれてしまうんですね。


そうなると、力尽きて他の食物が消化できず下痢をしてしまいます。

また、人工甘味料は腸に余分な負担をかけてしまうため、エネルギーを腸が使い切ってしまい、免疫細胞などに栄養がいかないことでアトピー性皮膚炎や肌荒れを悪化させてしまうので、とり過ぎには気をつけましょう。


↓とあるシュガーレスガムの裏面です。 (クリックで拡大)
clip_image004



そして、人工甘味料自体がアレルギーとなる場合も多いので、シュガーレスのガムや飲み物をとった際に必ず体がかゆくなるという方は、皮膚科でアレルギーを起こしていないか検査してもらってくださいね。


人工甘味料不使用でおすすめの市販飲料

人工甘味料不使用の市販飲料だと、腸への負担も少なくアトピーの方でも比較的安心して飲むことができます。


暑い時期は、水分補給のためにコンビニや自動販売機で、冷たい飲み物を購入することが多いですね。

ですので、どこでも売っていて飲みやすく、人工甘味料不使用の市販飲料を紹介します。


まずは、「GREEN DA・KA・RAグリーンダカラ)」です。

clip_image006


↓しっかりと人工甘味料不使用と書いてありますね。(クリックで拡大)

clip_image008


↓原材料表示はこちら(クリックで拡大)

clip_image010


個人的には、ちょっと甘すぎるので水や氷で薄めつつ飲んだ方がいいと思います。






そして、次に紹介するのが「トロピカーナ ココナッツウォーター」です。
こちらも、人工甘味料不使用のさらっとした飲みくちの市販飲料となります。

clip_image012


人工甘味料不使用です(クリックで拡大)

clip_image014


↓原材料表示はこちら(クリックで拡大)

clip_image016

470mlとちょっと量が少ないですが、16%もココナッツの果汁が入っていておすすめです。





そして、お次は「世界のKitchenからソルティライチ」。

clip_image018


↓原材料表示はこちら(クリックで拡大)

clip_image020


若干見づらいので、書いておきます。

・ 果実(グレープフルーツ、ぶどう、ライチ)、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、果糖)、食塩(沖縄県産)、酸味料、香料

見たところ、人工甘味料は入っていませんね。そして、このソルティライチは味が抜群にうまいのが特徴。


ちょっとここで余談ですが…今回は人工甘味料に絞って書いていますが、いくら人工甘味料不使用とはいえ糖分のとり過ぎは、アトピーはもちろん体に悪いです。

ただ、前に取り上げた果糖ぶどう糖液糖が入っていない市販飲料は非常に少ないので、暑い時期の熱中症対策として有効な飲み物を紹介しているんですね。


果糖ぶどう糖液糖について詳しくはこちら
果糖ぶどう糖液糖でアトピーが悪化|アレルギーの原因にも?




それを踏まえて、もう一度原材料表示を見てみましょう。

・ 果実(グレープフルーツ、ぶどう、ライチ)、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、果糖)、食塩(沖縄県産)、酸味料、香料


果実(グレープフルーツ、ぶどう、ライチ)が、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、果糖)よりも最初に表示されているのが分かるでしょうか?


原材料表示は、“多く入っている順番で”表示しなければならないというルールが決まっているので、果実の方が砂糖類よりも多いんです。(だから、自然な甘さなんですね)


ということで、私の中ではソルティライチが一押しなんですが、美味しすぎるので飲み過ぎには注意しましょう。




この流れでもう一つ紹介するのが「Welch'sウェルチコンコードプレミアム」!

clip_image022


↓原材料表示はこちら(クリックで拡大)

clip_image024



ソルティライチと同様にぶどうが砂糖類より多く入っているのが特徴!さらに果汁が20%なのでサラッとした飲み心地で、暑い時期にはもってこいです。

果糖ぶどう糖液糖はアトピーには良くないんですが、外に出ている時に水やお茶類だけだと塩分やミネラルが不足して、熱中症になってしまいます。

飲み過ぎには注意ですが、出勤途中や外出中に倒れるわけにはいかないので、適度にこういた飲み物を取り入れてはいかがでしょうか?

※ ただ、果糖ぶどう糖液糖にすでにアレルギー反応があると診断されている方は、控えましょう。


アトピーを悪化させないためには、糖分を控えることが理想ですが、暑い時期は背に腹は変えられないということで、どこでも売っていて、比較的安心して飲めるものをご紹介しました。


人工甘味料についてはさらに詳しくはこちら
人工甘味料はアトピーの天敵?|皮膚に即時型アレルギーが出ることも



まとめ

・ 人工甘味料が入っていると消化しづらいため、下痢やアトピー悪化の原因となることがあります。

・ 砂糖類で甘さを出しているものより、果実を使っているものの方が体に優しく、味も美味しいです。

・ 糖分のとり過ぎはアトピーに良くないので、甘すぎるものは薄めて(または水と交互に)のみ、飲み過ぎに注意しましょう。


最後までお読み頂きありがとうございました。


↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲