あせもの掻き壊しを予防して背中のかゆみを改善する方法 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

あせもの掻き壊しを予防して背中のかゆみを改善する方法

スポンサーリンク

かゆいからといって、 “あせも”ができている部分をかいてしまうと、皮膚が破けて細菌の侵入を許してしまい、化膿して悪循環になってしまいます。

あせもの掻き壊し(かきこわし)は、暑い時期にやってしまいがちですね。
寝ている間にも汗をかきますし、特に背中は布団やマットレスと直接くっついているので、あせもができやすく、かゆくなりやすい場所です。

私のようにアトピー肌で、背中のかゆみに悩まされている方も多いのではないでしょうか。
そこで、背中のかゆみを抑えるための効果的な方法をご紹介します。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

あせもを掻き壊してしまう体の洗い方に注意

お風呂で体を洗う際に、タオルで背中をゴシゴシこすってしまうと、あせもの掻き壊しにつながるので、できれば手で洗いましょう。

タオルで背中を洗う時には、目で見えない分どうしても力が入りがちです。

そして、“あせも”ができていてかゆみがあれば、なおのことゴシゴシやってしまいますよね。

あせもを掻き壊してしまうと、皮膚の表面がめくれて細菌などの侵入をガードしている層が削られてしまうため、細菌が入って化膿することがあります。


そのため、お風呂では次のことを注意しましょう。

・ 背中を洗う時には力を入れすぎない

・ お風呂では体をかかない

・ 刺激の強いボディソープは使わない



背中をタオルで洗う時に、タオルを伸ばして左右の手で引っ張るようにして洗っていませんか?

この方法で洗うと摩擦で皮膚をこすってしまいます。私のようなアトピー肌や、皮膚の弱い人にはとてもおすすめできる洗い方ではありません。


ちなみに私は手で洗っています。
かゆいアトピー肌は手で洗おう|脱タオル洗いの効果と方法


体を洗う際には、なるべく摩擦がかからないように洗うように、タオルを使う場合にはやわらかい素材のものを使い、4つ折りくらいに小さくして、やさしく洗いましょう。

また、水を含んだ肌は通常よりももろくなっているため、かいてしまうと皮膚の表面に傷がつきやすいため、注意してください。


そして、ボディソープには洗浄力が強く、皮膚に刺激となるものもあるため、肌に合わないと思ったらすぐに変えることも大切です。


かゆみ予防におすすめです!
しみずの無添加ボディソープで全身のかゆみがおさまった(補足あり)



あせもを悪化させないための対処法

あせもの原因は汗腺が詰まって汗が皮膚の中にたまってしまうことですから、汗をかいたらこまめに拭くようにしましょう。


汗腺(かんせん)というのは、汗を外に出す腺で出口は小さい穴となっているため、汗をかいたまま放置しておくとすぐに詰まってしまいます。


そして、あせもと勘違いしやすいものに、汗によるかぶれがあり、これは汗によって刺激を受けた皮膚がかぶれて赤くなり炎症を起こしてしまうことです。


あせも、汗によるかぶれどちらも予防法は同じ。

・ 汗をかいたらこまめに拭く

・ 汗を水で軽く洗い流す

・ かかない、触らない



汗が原因なのでこまめに拭くのは大切ですが、1つ注意点があります。

絶対にこすらないということです。

汗をたくさんかいた場合には、水に濡らした布やウエットティッシュで上からトントンとおさえるようにして汗を拭き取るか、軽く水で流してから乾いた布で拭き取ります。


乾いた布の場合も同じく、上から軽くおさえるようにしましょう。

こすってしまうと、あせもを予防するどころか、皮膚を傷つけて炎症を起こす原因となってしまうので絶対にやめてください。


↓汗を拭き取るには、ノンアルコールのウエットティッシュがおすすめです。

clip_image002



アルコールが入っているものや、香りがついているボディーペーパーだと、私のようなアトピー肌や、肌が弱い人には刺激が強すぎるので避けた方がいいですよ。


また、ベタベタして気持ち悪いと思いますが、一度手で触れてしまうと余計に気になってしまうため、極力触らないようにして、かかないようにしましょう。



背中のかゆみをおさえて快適に眠る方法

吸水性の高い天然素材のものを着用し、ひんやりマットなどを利用して汗をかかないようにしてください。


パジャマなどの寝間着は綿100%かシルクの素材のものを選ぶと、吸水性がよく汗を外に放出してくれますし、肌触りもいいため、肌とこすれてかゆみを引き起こすこともありません。


あと、小さいものだと2000円しないで購入できる、中にジェルが入ったひんやりマットも暑い時期にはおすすめです。


↓私は、まくらに載せて使うタイプのもの使っています。

clip_image004



首筋には太い血管が通っているため、首筋を冷やすことで全身に流れる血の温度を効率的に下げることができるんです。他にも、ひんやりとした質感の寝具もあるので、色々と試してみるといいでしょう。


また、湿度が高い時にはエアコンの除湿機能を使うと、空気を冷やしながら水分を外に出すため快適に過ごすことができます。


まとめ

・ お風呂では背中をタオルでゴシゴシ洗うのではなく、手や折りたたんだタオルでやさしく洗いましょう。

・ あせもや汗によるかぶれを予防するためには、汗をかいたら刺激の少ないウエットティッシュや濡らした布でこまめに拭きとることが大切です。

・ 暑い時期に快適に眠るためには、天然素材の衣類を着用し、ひんやりマットなどを上手に利用しましょう。

↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲