かゆいアトピー肌は手で洗おう|脱タオル洗いの効果と方法 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

かゆいアトピー肌は手で洗おう|脱タオル洗いの効果と方法

スポンサーリンク

今年から新たに取り組んでいるアトピー対策が体を手で洗うことです。
ちょっとしたコツをつかめば、誰でも簡単にできるので私が実践している方法をご紹介しますね。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アトピー肌はタオルの摩擦に敏感

タオルを使って体を洗うと、どうしても肌との摩擦でこすれてしまいます。

アトピーの肌は弱いので、摩擦で皮膚の表面がはがれてしまいますし、私の場合はかゆい場所(耳周辺や首)を重点的にこすりすぎて、お風呂上がりにはヒリヒリして痛いことも多かったです。


「こすってはいけない」と思うほど、イライラしてやってしまうものですよね…。


タオルは使う度にほつれていき、薄くなってしまうため肌にあたる面がザラザラになるのでこまめに買い替えたいところですが、質のいいものは高いです。

そこで、1番コスパがよく安全な方法として“手のみ”で洗うことにしました。

clip_image001



最初は、手が届かずに背中が洗いにくかったのですが、毎日、湯船につかるようにすると、それだけで体の皮脂汚れは8割落ちるそうなので、多少、届かない場所があっても大丈夫なようです。


このところ寒いので、入浴前に生姜をお湯に入れて飲んでから入っていますよ。→冷え性の改善と手荒れの予防に|冷凍しょうがの作り方と賢い活用法 (お風呂上がりに体が冷えないのでおすすめです)



タモリ式入浴法を試したが…

以前、タモリ式入浴法というのが一時期話題になっていたのを覚えている方もいると思います。


タモリ式入浴法というのは、タレントのタモリさんが実践しているもので、簡単にいうとボディソープを一切使わず、入浴のみで皮脂などの体の汚れを落とすというもの。


ただ、個人差があるようで私も一度は挑戦したのですが、日中外に出て汗をかくと首や背中がかゆいのと、脇の下のにおいが気になりギブアップしました。


そして、自分では自ら発しているニオイは分からないもの。


私は豆腐メンタルなので、他の人にどんな印象を持たれているか疑心暗鬼になるともうストレスが溜まってダメなんですね。


かゆいのにはストレスも関係していたかもしれないですが…→かゆみはストレスから|10秒呼吸法でどこでも超簡単にリラックス




手だけ洗いで肌への摩擦を極限までカットする

私が実践しているのは、簡単で泡立てネットでボディソープ(無添加)の泡を作り、体のラインに沿って滑らせるだけです。


↓愛用しているボディソープがこちら(クリックで拡大)

clip_image003

無添加でセラミドという潤い成分が入りです


そして、お助けアイテムとして100円均一の泡立てネットを使います。

(↓クリックで拡大)

clip_image005


簡単な6ステップで完了!

1. 全身をぬるま湯でまんべんなく濡らす

2. 泡立てネットをぬるま湯で濡らす

3. ボディソープを上にたらす

4. 両手で泡立てる

5. 全身に力を入れずに泡をすべらせる

6. ぬるま湯で流す




3ヶ月経ちましたがこんな感じで、今のところ肌荒れはおさまっています。

↓湿疹ができていた場所もキレイになりました(クリックで拡大)

clip_image007


↓手も無事です(クリックで拡大)

clip_image009


↓現在愛用しているのはこちらです。


まとめ

・ アトピー肌は傷がつきやすいので洗う際も摩擦を極限まで減らす

・ 湯船につかることで皮脂汚れは8割おちる

・ 泡立てネットを使えば短時間で、キメが細かい泡を作れる


関連記事

しみずの無添加ボディソープで全身のかゆみがおさまった(補足あり)

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲