肌のかゆみと乾燥に|朝起きたら白湯を飲んで血行促進 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

肌のかゆみと乾燥に|朝起きたら白湯を飲んで血行促進

スポンサーリンク

冬は空気が乾燥してアトピー肌の私は朝起きると、顔が粉をふいているということも多くありました。

他にも、口の周りの皮膚が突っ張って、食事の際に割れてしまうこともあって悩んでいたのですが、最近、白湯(さゆ)を飲むようになってから乾燥していた肌の調子が上がっているので、今日はそのことについてお伝えします。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

白湯が体を温めて肌のかゆみや冷え性改善にも

かつて宇多田ヒカルさんやモデル・女優さんがダイエット方法として白湯を飲んでいたのは結構有名な話ですね。

でも、私の場合には乾燥肌を改善するために飲んでいるので、あまり細かいことはこだわっていません。(ポットのお湯で十分です)

↓ちなみに今朝も飲みましたよ

clip_image002

白湯とは、50度くらいのお湯のことで、一度沸騰させてから冷ましたものです。

沸騰させることで、水道水に含まれる塩素も抜けてより美味しくなりますし、体にも良くなるので一石二鳥の白湯なのですが、これを朝一番に飲むようにすると、体が温まり血行が良くなるので、手足の末端冷え性もある私にとっては一石三鳥といったところでしょうか。


顔は服によって覆われていないため、乾燥しやすくこの時期は外と室内の気温差で鼻水が出てしまうため、ティッシュペーパーとの摩擦で鼻周りの皮膚がダメージを受けやすく、かゆくてかいてしまいボロボロになりがちです。(今でもたまに鼻の下や左右の溝が赤くなってしまいます)


静電気も起きやすいですよね…→寒暖差アレルギーでひどいかゆみが|化学繊維よる静電気にも注意


ところが朝一番に白湯を飲むようになってから、洗顔後に腕が温かいままで、指先の冷えがなくなりました。(ハンドクリームを塗る、キーボードを打つという操作がやりやすいです)

そして、白湯は一気に飲めないので、自然にゆっくりと飲むため、朝のリラックスタイムとなり、精神的に余裕ができたのでイライラが減り多少かゆくても我慢することができたことも大きいですね。

◎ここまでのポイント!

・ 朝起きてから1杯の白湯を飲むと、ストレス解消、血行促進効果(冷え性改善)があった。

・ 一度沸騰させているので水道水の塩素が抜けて美味しくなる


顔をかかないことがかゆみを軽減させた

白湯によって体が温まると、全身の血行が良くなるのでイライラが減って多少かゆくても我慢することができ、肌に傷がつくことが少なくなって、顔の皮膚の状態が良くなってきました。


イライラするとヒスタミンというかゆみの原因となる物質が、体内や脳から放出されるのですが、朝、白湯を飲むと気持ちがリラックスするためヒスタミンが分泌されにくいです。


そして、乾燥した肌は弱っているので、かくことで傷がついて爪の中のバイ菌が入ってニキビなどの原因となりますが、これも、白湯効果でイライラがなくなったので、かくのを我慢できています。


以前はお昼頃になると、顔の皮膚の粉が服について大変だったのですが、今はかなりマシになりました。もちろん、これからも続けていこうと思います。


ちなみに、朝起きてからと、3回の食事中に飲むようにすると、ダイエット効果もあるそうなので、肌のかゆみに悩んでいてダイエットをしたい方は、食事中にもゆっくりと時間をかけて白湯を飲んで下さい。


かゆみ肌にはおすすめです→しみずの無添加ボディソープで全身のかゆみがおさまった(補足あり)


まとめ

・ 朝起きてからの白湯にはストレス解消、血行促進効果(冷え性改善)効果があります。

・ 血行が促進されると体が思い通りに動くため、イライラが減り、ヒスタミンの分泌をおさえるのでかゆみの抑制にも効果バツグン!

・ ダイエットしたい方は、朝起きてから、食事中(3回)に白湯をゆっくりと時間をかけて飲むといいでしょう。


最後までお読み頂きありがとうございました。


↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ


関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲