寒暖差アレルギーでひどいかゆみが|化学繊維よる静電気にも注意 - 現役アトピー患者の肌荒れ改善講座

寒暖差アレルギーでひどいかゆみが|化学繊維よる静電気にも注意

スポンサーリンク

こんにちは、今日も顔が粉をふいて、黒いTシャツに顔の皮膚だらけになっているアキラです。みなさんは寒暖差アレルギーというのをご存知ですか?

アトピーの方にとっては非常に深刻な事態を引き起こしかねないので、今回は私の体験をベースにこの季節の注意するべき点を解説していこうと思います。


↓いつも応援のクリックどうもです
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

寒暖差アレルギーと静電気でひどいかゆみが発生

あまり聞き慣れない言葉だと思いますがこの寒暖差アレルギーというのは、簡単に言えば急激な温度の変化に体が対応できなくなって、鼻水や全身のかゆみといった症状が出てしまうことなんです。


寒暖差アレルギーとは夏や冬の初めに気温が乱高下する時期や、屋内と屋外の寒暖差が激しい時期に鼻水や咳が止まらなくなったり、頻繁に頭痛が起こったりする症状のことを言います。
このほかにも皮膚にかゆみやじんましんが出たり食欲不振・イライラなどの症状が出る方もいます。
アレルギーというと何か原因物質があるように感じられますが、寒暖差アレルギーは正式名称を「血管運動性鼻炎」といい、寒暖差が原因で自律神経が不調を起こすことが原因なのです。

(引用元・川村耳鼻咽喉科クリニック



寒暖差アレルギーの厄介なところは、ウイルスなどが原因ではないので、自分の免疫力でなんとかするしかないところなのですが、なんとかできないのがアトピー肌のつらいところですね。


今年は、10月くらいから暑くなったり寒くなったり気温の変化が激しかったこともあって、あまりに寒くなって電気ストーブや毛布を引っ張り出したと思ったら、お日様が出てきてポカポカ陽気になったりと部屋の気温の調整が忙しかったんです。


私は、ノートパソコンをテーブルの上におき、カーペットの上に直に座って操作するので、暑くなると下半身がムレやすくて大変なことになっていました。

座椅子に座れよと言われそうですが、集中力が続かないのでこのスタイルでやるしかありません。

そのせいで、股ズレ(正確にはデリケートゾーンの化膿)をおこしてしまいました。



ハーフパンツへのこだわりが仇となった…

少し、経緯を説明しますね。普段からタオルや肌着には気を使っていたのですが、ハーフパンツで一年中過ごすことに慣れてしまったので、そのスタイルを崩して家で長いジャージやスウエットを履くと、なんだかどうしようもなく違和感を覚えてリラックスできないんです。

clip_image002

というわけで、一年中ハーフパンツなのですが、なるべく肌ざわりのいい綿素材のものを履いていると、おしりの部分に穴が空いてきてしまうので、仕方なく化学繊維のものもストックしております。


そして、カーペットの上に座って、テーブルの上のノートPCで記事を書くというのが私の仕事のスタイルなので、“当然、カーペットとハーフパンツが擦れて静電気が発生”します。(ノートPCも起動しているのでW発電です)

※カーペットは耐久性を考えて化学繊維でできているものが非常に多く、天然繊維のものは高価です。(我が家のも化学繊維)

静電気についてはこちら→静電気が原因で酷い手荒れや肌荒れに|その原因と対処法とは?


そうしていると、まず、暖かくなった日にはずっと座っていると汗をかいてきて「股がかいいな…」ということで、無意識&意識的にゴシゴシこすってしまっていました。(決して変な意味ではないのでご了承ください)


それが、股ズレの原因です。


さらに、しばらくすると足のすねも外から家の中に入ってきた時に、凄まじいかゆみに襲われてミミズ腫れ状態になり、手の爪の間は皮膚でびっしりになってしまうという状態になってしまいました。


毎日、汚い爪が目についてストレスになりましたし、その他にも静電気でカーペットやハーフパンツにすね毛が絡まったりと散々な目にあいました。

寒暖差アレルギーとの決別の鍵はビタミン

今はある程度“寒い”気温で落ちついているので、私のかゆみも落ち着いてきましたが、前回の記事でも書いたみかんを食べるようになったことも大きいような気がします。

clip_image004

みかんを食べる方必読→手を汚さないみかんの皮の剥き方|手荒れが酷い方にもおすすめ


やはり、免疫力をつけるのは大切です。後は、季節の変わり目はどうしても自律神経が不安定になりやすいので、体を慣らすために軽くでも運動をすることがいいですね。

とは言え、なかなか寒い季節にウォーキングなんてできませんから、家でスクワットや、ゴムチューブで体を伸ばしておくといいでしょう。


↓私はダイソーで、100円で売っているものを使っています。

clip_image006



私もタオルやTシャツは綿素材のものにこだわっていますが、ハーフパンツは綿のものは生地が薄いものが多く、すぐにおしりが擦れて穴が空いてしまうのでコスパが悪いです。


厚手の生地だと、ウエスト調整のゴムが弱くて紐を結ぶのが面倒くさい物が多く(生地がごわつきます)、なかなかコレといったものに巡り会えていないので、いい商品があったらこのブログで紹介しますね(需要があるかはわかりませんが…)

まとめ

・ 寒暖差アレルギーは急激な温度の変化による自律神経の乱れによって起こります。

・ 冬は静電気が発生しやすいので、化学繊維のカーペットを敷いている場合は特に下に履くパンツやスカートに帯電しないように気をつけましょう。

・ ビタミンや水分をしっかりととって免疫力をつけることで、かゆみなどの症状を抑えることができます。

最後までお読み頂きありがとうございました。


↓記事が気に入ったら押して応援してね♪
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

関連記事
スポンサーリンク
コメント
非公開コメント

▲ページ先頭へ▲